お腹が空かない置き換えダイエットは何が良い?リバウンドしないために

*

お腹だけがぽっこり、痩せているのにどうして?解消法

   

そんなに太っていないのに、横から鏡にうつしてみるとお腹だけぽっこり…。
特に下腹のぽっこりが目立つと、正面から見た時の印象とは大きく違って
しまいます。
「痩せているのにどうして?」と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。
ここでは“ぽっこりお腹”の原因と、それになりやすい人、
またぽっこりお腹の解消法についてお伝えします。

faa822876fd58320cf6f39df8465a644_s

胃下垂が原因?

もしダイエットをしてもお腹のぽっこりが改善されない…という場合は、
“胃下垂”の可能性があります。
ある調査では、日本人の3割が胃下垂ともいわれています。
胃下垂とは、胃の下部が垂れさがって延びている状態です。

胃全体の位置が下がっているわけではなく、上部は正常な位置にあります。
胃下垂は重い自覚症状があるわけではないので、見落としている人も
少なくありません。
もしかしたら胃下垂かも…と思う人は、次の項目をご覧ください。

当てはまる人の特徴

レントゲンを撮ればすぐわかるのですが、わざわざ行かないですよね。
主だった特徴をあげますので、当てはまるかチェックしてみてください。

食後にぽっこり

食事後に下腹部が膨らむのは、食べたものが溜まる胃の下部が
下腹の位置にまで下がっているためです。
胃で消化され食べ物が移動すれば、元に戻るケースがほとんどです。

時には妊婦のように

食後だけでなく、割と長い時間お腹がぽっこりしたままの状態が続く人は、
胃下垂により腸が前面に押し出されている可能性があります。
便秘しやすい人にも多い症状です。

全体的に痩せている

胃下垂の人は痩せ型の傾向があります。
これは、胃下垂により胃の機能が不十分で消化不良を起こしていたり、
胃に食物が残りやすいため膨満感が続き食欲不振になっていたりして
太れないためです。
よく「痩せの大食い」といいますが、前者のパターンが当てはまります。

どうして胃が下がってしまうのか

では、なぜ胃が下がってしまうのでしょうか?
原因として考えられるのは、

  • お腹の筋力の低下
  • 骨盤の歪み
  • 不安やストレスによる消化不良

です。

この中には女性ならではの出産や、日頃の運動不足、現代病でもある
ストレスの影響などもあり、避けては通れないケースもあります。
また、これらの原因が複雑に絡み合い、結果として“胃下垂”の症状が
出ている場合もあります。
原因と結果が悪循環になってしまう…ということですね。

解消する方法

このように原因としてはいくつか考えられますが、
胃が下がってしまうのは基本的に「胃や内臓を支える筋力や
骨格とその重さのバランスが崩れているから」です。

この点を改善することがぽっこりお腹の解消になるわけです。
前述の原因別に解消法を紹介しましょう。

お腹の筋力の低下

お腹まわりは日常生活では鍛えにくい筋肉です。
筋肉が胃や内容物の重さを支えられないと、ぽっこり出てしまいます。
これには腹筋だけでなく、背筋も関係しています。

背筋が衰えると猫背になり、胸部が圧迫されて胃の正常な位置を
キープしにくくなるためです。
ですので、腹筋と背筋をバランスよく鍛えましょう。

腹筋(下腹部)の鍛え方

  1. 足をまっすぐ延ばして座り、手を後ろについて、
    足をそのままゆっくり上げ下げします(8回)。
  2.  次に、足を曲げてゆっくりお腹に引き寄せ、伸ばします(8回)。
  3.  今度は仰向けに寝て足を上げ、ひざを直角に曲げたら、
    ひざを胸に引き寄せます(8回)。
    床に足をつけないように注意してください。
  4.  次はこの動作と同時に上半身もおこします。
    腕を頭の後ろに組んで行ってください。(8回)。
  5.  最後に腹筋をリラックスさせるように、軽くマッサージしてください。

背筋の鍛え方

うつぶせに寝ます。足を押さえてもらうか、1人の場合は
どこかに足をひっかけて、体を反らせます。
腰痛がある人はご注意ください。

骨盤の歪み

足を組む人や出産を経験した人は骨盤が歪みやすくなります。
骨盤が歪むと内臓が正常な位置に収まらなくなり、下がってきます。
骨盤を矯正することを心がけましょう。

  • 骨盤の矯正エクササイズ
  1. 足を延ばして座ります。
  2. 片側の骨盤を前に出し、次に反対側の骨盤を前に出して、
    これを繰り返し、おしりの動きで前に進みます。

また、姿勢の悪さも歪みにつながります。
腹筋・背筋も一緒に鍛えるとより効果的です。

不安やストレスによる消化不良

寝る前など1日1回でもリラックスする時間を作ったり、
夢中になれるものを見つけたり、ヨガやストレッチで
体を伸ばしたりと、不安やストレスを取り除きましょう。

筋トレはもちろん効果がありますが、日頃の姿勢に気をつけるなどの
ちょっとした心がけが、ぽっこりお腹の改善の第一歩です。
無理せず続けることが一番大切です。

 - 未分類